鮭の焼漬

白焼きした鮭の切身を醤油ベースの調味液に漬け込んで味つけした村上の伝統的な鮭の惣菜です。

一度焼いた鮭と滲みた醤油だれの組合せが煮込み料理とは異なる風味と食感を生み出しています。

昔は甕(かめ)など容器の中に漬け置きながら保存し、容器から取り出した後は加熱をせずそのまま食べていました。本来の食べ方にならい開封前後は加熱せず、そのままお召し上がりいただく事をお奨めいたします。

鮭の焼漬3切

鮭の焼漬3切

・原材料:秋鮭(国内産)、醤油、砂糖、みりん、日本酒、食塩、酵母エキス(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
・内容量:3切
・賞味期間:常温180日
・お召し上がり方:お惣菜としてそのままお召し上がりいただけますが、お好みにより温めていただいても結構です。

¥790 (税込)

ご購入はこちら

鮭の焼漬4切

鮭の焼漬4切

・原材料:秋鮭(国内産)、醤油、砂糖、みりん、日本酒、食塩、酵母エキス(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
・内容量:4切
・賞味期間:常温180日
・お召し上がり方:お惣菜としてそのままお召し上がりいただけますが、お好みにより温めていただいても結構です。

¥1,040 (税込)

ご購入はこちら

鮭の焼漬 4切 化粧箱入

鮭の焼漬 4切 化粧箱入

・原材料:秋鮭(国内産)、醤油、砂糖、みりん、日本酒、食塩、酵母エキス(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
・内容量:4切
・賞味期間:常温180日
・お召し上がり方:お惣菜としてそのままお召し上がりいただけますが、お好みにより温めていただいても結構です。

¥1,140 (税込)

ご購入はこちら

鮭巻昆布

秋鮭のアラの部分ではなく秋鮭の身の部分を北海道産の昆布で巻いて煮込んだ「鮭の昆布巻」。

弊社 永徳の「鮭巻昆布」の味付けはシンプルに醤油と砂糖のみ。鮭・昆布の旨みと素朴な味付けがマッチした深い味わいです。

「昆布巻」といえば全国的には「にしん」が一般的ですが、当地村上で「昆布巻」と言えば「鮭の昆布巻」の事です。

鮭巻昆布2本

鮭巻昆布2本

・原材料:秋鮭(国内産)、昆布(国内産)、干瓢、醤油、上白糖、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
・内容量:2本
・賞味期間:常温180日
・お召し上がり方:味つけされておりますので、そのままお召し上がりください。
お好みにより温めていただいても結構です。温める際は袋のまま熱湯に入れることも出来ます。

¥790 (税込)

ご購入はこちら

鮭巻昆布 太巻1本

鮭巻昆布 太巻1本

・原材料:秋鮭(国内産)、昆布(国内産)、干瓢、醤油、上白糖、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
・内容量:1本
・賞味期間:常温180日
・お召し上がり方:味つけされておりますので、そのままお召し上がりください。
お好みにより温めていただいても結構です。温める際は袋のまま熱湯に入れることも出来ます

¥1,030 (税込)

ご購入はこちら

鮭巻昆布 太巻1本 化粧箱入

鮭巻昆布 太巻1本 化粧箱入

・原材料:秋鮭(国内産)、昆布(国内産)、干瓢、醤油、上白糖、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
・内容量:1本
・賞味期間:常温180日
・お召し上がり方:味つけされておりますので、そのままお召し上がりください。
お好みにより温めていただいても結構です。温める際は袋のまま熱湯に入れることも出来ます。

¥1,140 (税込)

ご購入はこちら